LivingD 第一建設株式会社

静岡県の新築・不動産・静岡県山梨県のリフォーム&リノベーションは第一建設

或る棚Gallery EXHIBITION2.「アーブル美術館の棚」

或る棚Gallery EXHIBITION2.「アーブル美術館の棚」

2月は如月(きさらぎ)。

「きさらぎ」の由来は、諸説ありますが、

・旧暦二月でもまだ寒さが残り、衣を更に着る月なので「衣更着(きさらぎ)」

・草木の芽が張り出す月なので、「草木張り月(くさきはりづき)」など…

まだまだ寒い毎日が続きますが、暦の上ではもう春ということですね!

 

節分やバレンタインなど行事が多いのも特徴です!ワクワクするイベント目白押しの中、

本社1FのALTANA (アルタナ)では、2月18日(土)~3月20日(月・祝)の会期で

或る棚Gallery第2回目の展覧会「親子アートユニット アーブル美術館の棚ー名画を自分のものにする!」を開催いたします。

 

アーブル美術館さんは、静岡在住の兄妹、母3名で活動する親子アートユニット。

第一建設とはご縁が深く、これまで何度も各支店のモデルハウスやイベントで展示をさせていただいたり、

弊社発行のフリーマガジン『暮らす、プラス。』の表紙絵として第2号から作品を使わせていただいたりと、

大変お世話になっているアーティストです!!!

 

 

今回は、ALTANA(アルタナ)のギャラリー企画 或る棚Galleryの第2弾の展覧会ということで、作品展示のみならず、

アーブル美術館さんの創作の源を探り、そのアイデンティティーに迫る、或る棚的展示をご覧いただきます。

見どころはコチラ↓

1.アートワークスの棚

グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像(黄金のアデーレ)贋作」、カレンダーになった名画12点の模写作品の原画展示。

2.コラボワークスの棚

アーブル美術館の活動に共鳴する人たちとのコラボワークスをご紹介。

実際に商品となって販売されているアーブルデザインパッケージを展示します。

Artist’sセレクトショップで購入可能!

3.愛用品とセレクトBook & Music & Movieの棚

普段からどんな本を読んでいるのか?好きな音楽や映画は?

誰しもが気になるアーブル美術館のアイデンティティーに迫ります!

4.「名画や名作を自分のものにした」棚

元々、自分の欲しいものを手に入れることがモチベーションで描いたり、作ることを始めたアーブル美術館。

名画や名作を自分の身近に置きたいという欲求を形にしてきました。大切なのは続けること。

いつしかオリジナリティを持って、新たな息吹が吹き込まれます。細かいディテールにまでこだわった表現は必見!

5.Artist’sセレクトショップの棚

コラボワークスの棚で紹介した商品や本展のために作られたオリジナルクッション、カレンダーなどを販売します。

※コチラの写真は前回の展覧会「現代美術作家 持塚三樹の棚」展示風景

 

また、会期中にはALTANA Caféにて期間限定でアーブルカフェをOPEN!!

・静岡市の天然酵母パンnature(ナチュール)さんとのコラボ商品「アーブル美術館ケーキ」

・静波の自家焙煎珈琲 COSMOS COFFEE(コスモスコーヒー)さんとのコラボ商品「クリムトブレンドコーヒー」

本展開催中のみのご提供です!

お持ち帰り用にはオリジナルパッケージ入りの販売もございます♪

※「アーブル美術館ケーキ」提供イメージ

※「クリムトブレンドコーヒー」パッケージデザインイメージ

 

 

また、3月18日(土)は終日アーブルイベント尽くし!!

ワークショップ「アーブルファブリックでミニクッション付きストラップをつくろう!」13:00~15:00

キャンドルナイト「或る棚Gallery×Candle Night×ARTIST アーブル美術館 ギャラリートーク対談」18:00~20:30

各イベントご予約受付中です!!

全国的に熱狂的なファンを持つアーブル美術館さん。

ファンはもちろん、気になっていた方、初めてその名を聞く方も必見の楽しさをお届けします!

この機会に是非、日々の暮らしのアートを取り込むヒントと進化し続けるアーブル美術館の今をご覧ください。

皆さまのご来場をお待ちしております!!

会場 ALTANAcafe(第一建設本社1F) → http://living-d.jp/altana/

 

本社・企画広報

山田 祐子

Follow

Most Viewed Posts

LivingD Webメール相談室

Webメールでのご相談フォームです。お気軽にご利用ください。